Pocket

 心的外傷後ストレス障害(PTSD)

家庭内暴力(DV)、性的虐待、交通事故、災害などの出来事によって心的外傷(トラウマ)経験があり、ふとその出来事を思い出したときにイライラ、頭痛、不眠が認められる、苦痛な夢をみてしまう人は心的外傷後ストレス障害(PTSD)かもしれません。

診断

A.実際に危うく死ぬ、重症を負う、性的暴力を受ける出来事への以下のいずれかによる曝露
1.心的外傷的出来事を直接体験する。
2.  他人に起こった出来事を直に目撃する。
3.  親しい人に起こった心的外傷後出来事を耳にする。
4.  心的外傷的出来事の強い不快感をいだく細部に繰り返しまたは極端に曝露される体験をする。

B.心的外傷的出来事の後に始まる、その心的外傷的出来事に関連した以下の症状の存在
1.  心的外傷的出来事の反復的、不随意的、および侵入的で苦痛な記憶
2.  夢の内容と感情またはそのいずれかが心的外傷的出来事に関連している、反復的で苦痛な夢
3.  心的外傷的出来事が再び起こっているように感じる、またはそのように行動する解離症状
4.  心的外傷的出来事の側面を象徴するまたはそれに類似する、内的または外的なきっかけに曝露された際の
強烈なまたは遷延する心理的苦痛
5.  心的外傷的出来事の側面を象徴するまたはそれに類似する、内的または外的なきっかけに対する顕著な
生理学的反応

C.心的外傷的出来事に関連する刺激の持続的回避、心的外傷的出来事の後に始まり、以下で示される。
1.  心的外傷的出来事についての、または密接に関連する苦痛な記憶、思考、感情の回避
2.  心的外傷的出来事についての、または密接に関連する苦痛な記憶、思考、感情を呼び起こすことに
結びつくものの回避

D.心的外傷的出来事に関連した認知と気分の陰性の変化。心的外傷的出来事の後に発現または悪化し以下の2つ以上で示される。
1.心的外傷的出来事の重要な側面の想起不能
2.自分自身や他者、世界に対する持続的で過剰に否定的な信念や予想
3.自分自身や他者への非難につながる、心的外傷的出来事の原因や結果についての持続的でゆがんだ認識
4.持続的な陰性の感情状態
5.重要な活動への関心または参加の著しい減退
6.他者から孤立している、または疎遠になっている感覚
7.陽性の情動を体験することが持続的にできないこと

E.心的外傷的出来事と関連した覚醒度と反応性の著しい変化、心的外傷的出来事の後に発現または悪化し以下の2つ以上で示される。
1.人や物に対する言語的または身体的な攻撃性で通常示される、いらただしさと激しい怒り
2.無謀なまたは自己破壊的な行動
3.過度の警戒心
4.過剰な驚愕反応
5.集中困難
6.睡眠障害

F.障害(B,C,D,E)の持続が1カ月以上

G.その障害が日常生活に支障を来している。

H.その障害は物質(医薬品、アルコール)、身体疾患によるものではない。

治療

まずは薬物療法を行いイライラ、不眠、恐怖などへの対症療法として、パロキセチンを代表としたSSRI系薬物と抗不安薬、睡眠薬を併用することで、情動を安定化させて日常生活を過ごしやすくしていきます。あとは時間が治療してくれて、数カ月で自然に治っていくことがあります。トラウマが余程に強く、なかなか治らない場合は持続エクスポージャー療法という精神療法を行うこともあります。あえて当時の写真を見せたり、トラウマを思い出させたりして、つらい記憶に慣れさせていきます。パニック障害の広場恐怖の克服の仕方と同じようなやり方です。服薬で不安、恐怖を軽減させた状態で、トラウマを克服していくような感じです。