自宅で狼スープ+もん亭餃子が最高な件

広告

狼スープ

北海道には有名な味噌ラーメン屋がたくさん雑誌、TVなどのメディアで紹介されていますけど、私は狼スープ一筋なんですわ。
札幌は特に味噌ラーメンのお店が多くて、そのなかでも狼スープが大好きで7回~8回くらいはお店で食べてると思います。群馬県民が札幌のお店でこれだけ食べてるというのはなかなかだと思いませんか?「えびそば一幻」の本店は札幌ですが新宿、八重洲、六本木に支店があるので北海道まで行かなくとも食べれますが、「狼スープ」は札幌まで行かないと食べれないんです。

 

過去記事:北海道旅行 函館、小樽、札幌 札幌雪祭り 2~3日目 2016.02.04-02.07

この記事のあとに翌年の夏に確かもう一回行ったので、最後にお店で食べてから3年経っちゃったんですね。塩分摂取量を気にして普段はスープを飲まない主義ですが「狼スープ」ではほぼ飲み干します。滅多に行けないし残すなんてもったいない。

 

「狼スープ」の店主が監修したといっても味は本店のものと全く違うのですが、自宅で食べれるラーメンとしては最上級に美味しいです。
特に生麺でモチモチしていてラーメン屋で食べる麺と遜色ありません。その分、日持ちもしませんので美味しいうちに期限内に食べないといけませんが。
しょうがはチューブの「すりおろししょうが」じゃなくて、ちゃんとショウガを自分ですりおろした方が風味が出て美味しいですよ。

材料(1人分)

・狼スープ  1人分
・チャーシュー(市販) 2枚
・卵 1個
・ねぎ  10㎝
・キャベツ  大きめ2枚
・玉ねぎ 1/4個
・しょうが  1/2片
・ラード(なければサラダ油) 約大さじ1

準備

1.卵を室温に戻す
2.しょうがは皮をむきすりおろしておく
3.ラーメンの器に熱湯を8分目まで注ぎ、温めておく(チャーシューは袋ごとここで温める)
4.鍋に麺を茹でるための熱湯をたっぷりと沸かしておく

広告

作り方

1.半熟ゆで卵を作る(片手鍋に卵が全て浸かるほどの熱湯を沸かし、室温に戻した卵をそっと入れて7分茹でる→7分でお湯を捨て冷水で冷やしながら殻を剥く)
✳︎室温に戻さないと割れてしまいます
2.ねぎは薄い輪切りにして水にさらし、キャベツと玉ねぎは1㎝幅にザックリと切る
3.鍋にラードを入れて中火にし、キャベツと玉ねぎを炒める
4.玉ねぎが透き通ってきたら箱に記載された分量通りの湯を入れ、沸騰したら付属のスープを入れる
5.麺を箱に記載された時間通りに茹で、湯切りをして温めた器に盛る
6.4のスープも器に入れ、チャーシュー、ゆで卵、水にさらしたねぎを盛り付け、すりおろしたしょうがを添える
7.付属の七味とうがらしを振りかけたら出来上がり

もん亭の餃子

過去記事:もん亭

コロナウイルス騒ぎなのでもん亭さん大丈夫かな?と心配して冷凍餃子と冷凍もつ煮を購入しにいきましたら、店内にお客さんこそいなかったもののお店は営業されておりました。良かった良かった。冷凍餃子20人前と冷凍辛口もつ煮を6人前購入して帰ってきました。

 

広告