DQ walk ゴールドパスはお得なのか?

広告

DRAGON QUEST WALK

以前にも少し触れましたがドラゴンクエストウォークでは配布ジェムが少ない代わりに、プレイすることでもらえるマイレージによって「ふくびき補助券」というものに交換できてガチャをすることができます。今回はゴールドパスを購入することによって、普通にジェムを購入してガチャをするよりどのくらいかお得か計算してみます。

STANDARD PASSのみで1カ月プレイした場合

新しいマイレージパスは1週間おきに配布されます。マイレージポイントを最大まで取得すると、その週はどれだけプレイしても次の週までマイレージポイントを稼げなくなります。

  • ツボ割り 400箇所x6P=2400P
  • バトル  400戦x6P=2400P
  • 歩数   70x40P=2800P

         合計=7600P/週x4週間=30400P/月

キラキラによるDQウォークマイレージポイント

このキラキラしたものに近づくと

足跡のマークになってポチっと押すと180Pのマイレージポイントがもらえます。

1日2回までキラキラマイレージはGETできて

2回までGETすると「もう今日はDQウォークマイレージが見つからないようだ」と表示されて、翌日にならないとキラキラが出現しなくなります。

180Px2回x30日=10800P/月

キラキラにより取得できるDQウォークマイレージは1カ月で10800Pになることが分かります。

完全無課金で1カ月で入手できるDQウォークマイレージ

上記のSTANDARD PASSにより取得できるマイレージとキラキラにより取得できるマイレージを合算します。

30400P+10800P=41200P

1カ月フルでプレイしてマイレージポイントをかき集めると41200P入手できる計算となります。ふくびき補助券は交換所で1枚=1000Pで交換できます。ふくびき補助券10枚で1回ガチャをすることができるので、全部をふくびき補助券に交換すると完全無課金でも41回/月ガチャをすることができます。

ゴールドパスで1カ月で入手できるDQウォークマイレージ

ゴールドパスは有償ジェムでしか購入できませんので、完全無課金で攻略している私はゴールドパスを所持していません。

しかし、「ガチャには課金しないけどゴールドパスにだけ課金している」「ゴールドパスはお得だから購入したほうが良い」という話を聞くので計算してみます。

ゴールドパスを購入するとスタンダードパスと同時にゴールドパス用のマイレージポイントもたまっていきます。

  • ツボ割り 200箇所x15P=3000P
  • バトル  200戦x15P=3000P
  • 歩数   40x100P=4000P

    合計=10000P/週x4週間=40000P/月

ゴールドパスはスタンダードパスよりもマイルドにプレイしても、貯まりやすい設定になっています。

ゴールドパスを購入した状態でフルでプレイして1カ月MAXしてみると

スタンダードパス30400P/月+キラキラ10800P/月+ゴールドパス40000P/月=81,200P/月

ゴールドパスを1カ月間所持していれば1カ月でガチャを81連できるという計算になります。

ゴールドパスはどのくらいお得か?

ゴールドパス所持によって1カ月でもらえるマイレージは通常より40000P/月増えることは分かりました。マイレージ40000Pはふくびき補助券400枚に交換できるので、ガチャ40回分になります。

ガチャ40回分ということはガチャ1回300円として40回x300円=12000円の価値があるということになります。

ゴールドパス1ヶ月分の値段は有償ジェム3000個ということなので、3000円ということになります。12000円分の価値を3000円で購入できるということなので、確かにコレはお得です。逆に言えば運営は微課金ユーザーを取り込むための秘策と言えるでしょう。微課金ユーザーにとっては1カ月3000円でガチャが40連分(12000円)できる訳ですから。

運営が困るのはゲームの過疎化(アクティブアカウントの減少)が進行することです。過疎化したゲームでは「俺つえ~」する意味がなくなるため、課金者がいなくなります。みんなにゲームを継続してもらうために無課金者はマイレージポイントの導入によってプレイした分だけガチャできる。微課金者はゴールドパスで取り込む。運営天才かよ。

マイレージによるデメリット

マイレージはスタンダードパスとゴールドパスを合算して最大所持量は20,000Pまでと設定されています。これによって天空ガチャまで、ずっとマイレージを貯めることはできないということです。欲しいふくびき補助券でなくてもマイレージを交換していかなくては、せっかくのマイレージを貯めることができないのです。

黄竜装備に興味がなくともマイレージポイントが20,000Pになりそうになったら、ふくびき補助券にコツコツ交換ていかないといけません。この点が不便といえば不便ですが、ソシャゲの売り上げのことを考えると良く考えられたシステムだと思います。運営天才かよ。

まとめ

  • 完全無課金で入手できるDQマイレージポイントは41200P/月でガチャ41回分
  • ゴールドパスは1カ月3000円で購入できて、40000P/月を上乗せできる(ガチャ40回分=12000円分)
  • ゴールドパスのデメリットとしてはマイレージ最大所持量が20,000Pまでなので興味のないガチャ期間でも、ふくびき補助券に交換しなくてはならない
広告

著作権

© 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO
当該作品の転載・配布は禁止いたします。

 

広告