自宅でBBQ 家庭用ビールサーバー

広告

自宅でBBQ

夏が後半戦になってきましたので、キャンプ用品を使用して自宅でBBQをすることにしました。夏の暑い間に一回くらいはBBQして美味しい肉を食べながら、冷たいビールでグイっと行きたいですよね。

過去記事:優秀な焚火台 ユニフレーム ファイアグリル

このユニフレームのファイアグリルコールマンのファイアープレイステーブルがまあああ優秀です。

ささっと準備してユニフレームのチャコスタで簡単に炭に火をつけます。

火をつけて30分くらい放置したら炭に火が入っていますので、ひっくり返して炭の準備は終了です。

必要以上に炭を準備してしまって、ほとんど灰にならず残してしまいましたので、残った炭は次回に使用できるようにこのBOXに入れて保存しておきました。

最初の野菜は写真撮影しましたが、肝心の牛肉と豚肉は食べるのに夢中になって撮影を忘れてしまいました。

虫よけには通常の緑色の蚊取り線香より強力で、林業に従事する人たちが使用する森林香という強力な蚊取り線香を使用します。

それにしても私たちは小食なので、一人あたり牛肉70g、豚肉30gと野菜ちょろっと。あとは焼きそばちょろっと食べて満腹になってしまいました。ビールは350ml2本くらい飲みました♪

家庭用ビールサーバー

広告

 ドウシシャ 絹泡サーバー  缶ビール用

自宅に大きな業務用のビールサーバーなんて置くのはスペース的に大変なので、ハンディサーバーをネットで調査しまくって、ドウシシャ製の絹泡サーバーというものを購入しました。ハンディサーバーで比較するポイントとしては①泡のきめ細かさ②価格③手入れのしやすさで評価されます。さまざまなサイトでこの絹泡サーバーは3つも項目で高得点でしたので、この商品にしました。大体1000~1500円で購入できます。

缶ビールに取り付けるとこんな感じになります。口径が違う外国の缶ビールとかには接続リングを変更すれば大丈夫です。缶ビールなら何でも接続可能かと思います。電源としては単4電池2本で使用できるので、キャンプ場でもOKです。
 実際にビールをジョッキに注いでみるとこんな感じになります。W超音波によって自宅でクリーミーでキメ細かい泡を楽しむことができます。5分くらいで泡が消えてしまいますが、泡が欲しかったら泡だけでも足すことができます。
このハンディサーバーは簡単に分解できて洗浄できるので大変らくちんです。洗浄しにくいハンディサーバーもありますが、お手入れが面倒だとすぐに使用しなくなるのでお手入れが楽なことは大切です。
広告