人生において必ず役に立つ漫画名セリフ

広告

人生において必ず役に立つ漫画名セリフ

悩んでいるとき、苦労しているときの人生における局面でふと漫画のセリフが脳裏をよぎることがあります。それは親、親友、上司から言われるよりも心にずっしりと深く刺さる、そんな漫画の名セリフを紹介していきます。自分がいい言葉だと感じたことは他の人も感じているので有名なセリフかもしれませんが。まだ知らない人には役に立つ場面が来るかもしれません。

広告

自分の努力が報われるのか、結果を出せるのか不安なとき

中学~大学受験、国家試験、スポーツ、仕事での営業など、自分がしている努力が無駄になるのではないか?結果を出せなかったとしたら?ただ単に時間を浪費してしまうだけではないのか?そういった経験は誰にでもあったと思います。そして今後もあることでしょう。そんなときには鴨川会長の名セリフが刺さります。

はじめの一歩 

ボクシングマンガで最もメジャーといって過言ではないであろう漫画です。主人公は一歩というイジメられっ子ですが、鴨川ジムに所属する鷹村に出会ってからボクシングを始めて才覚を現し、日本チャンプになります。ジム最強の鷹村、主人公の一歩、脇役の木村、青木などの試合も楽しめるボクシングマンガがはじめの一歩です。

鷹村守

鴨川会長が街で喧嘩をしていた学生時代の鷹村に初めて出会った時点で、既に日本チャンピオンクラスの実力の持ち主だったと言われるほどの天性の強打と無類のタフネスを持つ。それに加え、鴨川にアウトボクシングを叩き込まれボクサーファイターとなった。
デビュー戦で当たったインターハイ優勝選手に1分以下で勝ち、全日本新人王も順調に掴む。日本タイトルマッチまでダウン経験がなく、全勝でオールKO勝ち。
おちゃらけた性格でふざけることが多いが、ボクシングに対しては非常に真剣で恵まれた才能に驕ることなく、走り込みなどの基礎練習から真面目に行う。

ブライアン・ホーク

ニューヨークのスラム街で育ち、ミゲル・ゼールと出会ってボクシングを始めた。尊大かつ我儘、礼儀知らずな性格で、人を殴るか女とセックスをしないと落ち着かない程異常に血の気が多い。
ボクシングや喧嘩に関しては非常に突出した才能の持ち主で、ほとんどトレーニングもしないまま世界チャンピオンの座にまで上り詰めた。その上大の練習嫌いで、試合の予定が決まると蒸発してしまい、試合前まで連絡がつかないのが常だという。

想像を絶する減量の中、決して手を抜くこともなく「ボクシングにだけは・・・・ウソをつきたくねえんだ」と弛まぬ努力を重ねてきた鷹村。それでも世界王者ブライアン・ホークとの戦いは7-3で不利と予想されていた。敗れてしまうかもしれない。歯が立たないかもしれない。鷹村守が、初めて世界タイトルマッチに挑む直前の控え室、ジムの会長・鴨川会長が鷹村に贈った一言がコチラ。


「努力した者が全て報われるとは限らん。 しかし・・・成功した者は皆 すべからく努力しておる!!!」

はじめの一歩を読んでいて一番感動した言葉です。いいですねえ。ずっしりと心に響きます。どんなに頑張っても結果が伴わないことはあります。誰も努力は評価してくれません。結果が全てです。そんなときでも次に向かって努力を惜しんではなりません。くじけそうになったら鴨川会長の有難い言葉を思い出しましょう。

広告