バンボ ベビーチェア まとめ

Pocket

バンボのベビーチェアは有名ですが、良いところ、悪いところ含めて知らない人のためにまとめておきます。

バンボ ベビーチェア

こんな感じに赤ちゃんを一人で座らせることができるので、ご飯をあげるときが楽になります。またトイレとか家事でちょっと目を離すときに一時的に座らせておくのも良いです。

8月前後ではイスから抜け出して食事中でもハイハイしてどこかに行っちゃうことがあるので、付属のベルトで体を固定して脱出できなくします。このベルトはイスに取り付けると外せないタイプと取り付け後も外せるタイプがあるので要注意

我が家では黄色のバンボを購入して、外出時にはいつも持ち歩いています。自宅ではカトージのベビーチェアに座らせて食べさせることが多いので、自宅ではバンボを使用してないけど。車に乗せておいて外食時、外出時にバンボを使用しています。ベビーチェアを置いていないお店で食事するときは重宝しています。ちなみにこれが自宅で使用しているカトージのベビーチェア。

カトージのベビーチェア

バンボの良い点

  • ベビーチェアのないお店でもバンボを持参すれば一緒に座って食べることができる。
  • 脱出防止のベルトが付属している。
  • 安定感があり倒れにくい。

バンボの悪い点

  • 太ももが太めの子は足が入らないことがあるので、購入前に確認が必要です。
  • 使用期間が3カ月~14カ月と商品説明には記載されていますが、実際には座れるようになってから(8カ月前後)から使用している家庭が多い。理由としてはお座りが自分でできない段階で、強制的に一人で座らせるのは身体に負担が大きいのでは?と考えられるため。そういったことから実際の仕様期間が8カ月~14カ月と短いために購入が見送られる。授乳は抱っこしながらあげるので、授乳時期はバンボの必要性を感じない。あったらいいなと感じるのは離乳食が始まってから。そういった意味でも3カ月~6カ月は必要がない。

3カ月~14カ月使用できるバンボ

6カ月~3歳まで使用できるバンボ

バンボ まとめ

  • 商品説明の使用期間は3カ月~14カ月とされているが、実際に欲しいと感じるのは離乳食、お座りが始まるタイミングとなる。ただバンボのタイプによっては3歳(15kg)まで使用できるバンボ(マルチシート)もある。
  • ベビーチェアのないお店でもバンボを持参すれば一緒に座って食べることができる。
  • 脱出防止のベルトが付属していて、ベルト装着後に脱着が可能なものと不可能なものがある。

バンボ ベビーチェア まとめ” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。