桜えびとキャベツのペペロンチーノ

広告

桜えびとキャベツのペペロンチーノ

まだまだえび五目XO醤炒飯の材料が余っているのです・・・・。

この乾燥桜えびとほたて貝柱干しをミキサーで粉砕したもの。こいつがたくさん余っているので、有効活用できるパスタを作っていきます。

トマトソースやクリームソースには桜エビの風味が負けちゃいそうなので、また得意のペペロンチーノでいきます。

材料(2人分)

  • パスタ麺200g
  • ニンニク4片
  • 白ワイン大さじ1
  • コンソメ顆粒大さじ1/2
  • イタリアンパセリ
  • 乾燥桜えびとほたて貝柱干しの粉砕 大さじ1
  • 乾燥桜えび(まるまる一袋12g)

  • キャベツ適量

作り方

  1. フライパンにオリーブオイルを100cc投入して、みじん切りのニンニク、を入れて弱火でじっくりと5分ほど炒めます。木べらで時折、混ぜながらニンニクにじっくり火を通して、オリーブオイルにニンニクの風味をしっかりと移す。
  2. パスタ麺を折らないでも投入できるような鍋やフライパンに十分な量の水、食塩を入れて(2Lの水だと小さじ2.5杯の食塩)強火にし、沸騰したらパスタ麺200gを入れます。この6分間で3,4の工程を終えてソースを完成させます。
  3. オリーブオイルからニンニクの臭いがして、キツネのような色に変わったら白ワインとコンソメ顆粒パスタのゆで汁をおたま1杯ほど加えてオイルを乳化させます。
  4. 乾燥桜えびと乾燥桜えびとほたて貝柱干しの粉砕、キャベツを投入。ソースの具合を見て必要に応じてゆで汁を追加します。

5.茹で上がったパスタをフライパンであえて、お皿に移し、パセリをちらしたら完成です。

実食

食べる前から桜えびの香ばしいにおいが漂ってきます。食べてみると桜えびの風味をえげつないほど感じることができ、ちゃんとペペロンチーノも生きていて美味しい。トマトソース、クリームソースにしないで正解でした。和風パスタは桜えびと相性いいかもしれないので、今度試してみよう。ペペロンチーノは何も準備してない状態から10分~20分で作れるのに、美味しいから好きです。

広告

嫁ちゃんからの評価

  • 自分で桜えびのパスタを作ったことあるけど、桜えびの風味が弱かった。これはめちゃくちゃ桜えびの風味がする。
  • レタスじゃなくてキャベツにして正解。キャベツは入れた方がいいね。
  • 美味しくてお店に出せる味だけど、いつものパンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)の方が好き。肉がないのでこってり感はなくて、あっさりしているペペロンチーノ。

パンチェッタ

数年前まではベーコンでペペロンチーノを作ってましたが、今年になってからベーコンをやめてパンチェッタを使ってペペロンチーノ、アラビアータ、カルボナーラなどを作ってます。

広告