HUNTERxHUNTER(ハンターハンター) 最新刊36巻発売

広告

 HUNTERxHUNTER

HUNTERxHUNTERの最新刊36巻が本日発売されました。家が広ければもっといろんな漫画を買いたいところですけど、何十巻も集まると場所をとるので買わないようにしています。そんななかでHUNTERxHUNTERは購入している貴重な漫画です。

作者 富樫義博

  • 月に代わっておしおきよでお馴染みのセーラムーンの作者と結婚
  • 代表作は幽遊白書とHUNTERxHUNTER
  • 休載期間が半端ない

休載期間

  • 2006年2月~2007年10月…約1年8カ月
  • 2007年12月~2008年2月…約3カ月
  • 2008年5月~2008年9月…約4カ月
  • 2008年12月~2009年12月…約1年
  • 2010年6月~2011年8月…約1年1カ月
  • 2012年3月~2014年5月…約2年3カ月
  • 2014年9月~2016年4月…約1年8カ月
  • 2016年7月~2017年6月…約11ヶ月
  • 2017年9月~2018年1月…約4ヶ月
  • 2018年4月~2018年9月…約5ヶ月

休載の理由は腰痛のためと噂されていますけど、本当のところは分かりません。読者は頻回にある長期の休載に慣れ過ぎていて、2018年9月から連載再開しますと発表されると「え?もういいんですか?」「はや!やったー」と喜んでしまう。「次の休載までなるべく長くお願いします。」という状態。

ほぼ同時期に連載開始されたワンピースは単行本90巻ですが、HUNTERxHUNTERはようやく36巻になりました。HUNTERxHUNTERはベルセルクと同様に、作者が生きているうちにキレイに完結してもらいたいとされている作品です。

また、こんなに休んでいるのに打ち切りにならないのは人気作品であるからに他なりません。

面白いのはいいんだけど単行本が出る間隔が長いから、2冊くらい前から読み直したりするのよ。ストーリー忘れちゃって。

人気の長編エピソード

・ハンター試験編
・ククールマウンテン編(キルア奪還)
・天空闘技場編
・ヨークシン編
・グリードアイランド編
・キメラアント編
・会長選挙・アルカ編
・暗黒大陸編(現在)

単行本の順番に長編をまとめるとこのようになります。人気が高いのはヨークシン編、グリーンアイランド編、キメラアント編になります。私はキメラアント編ですかね。2,3度くらいしか読み直してない にわかファンですがキメラアント編が良かったかな。

キメラアント編 ネタバレ含む

メルエム vs ネテロ

なんといってもキメラアント編の見どころはメルエム vs ネテロかな。

HUNTERxHUNTERで最強のキメラの王であるメルエム。

今後もこいつより強いキャラクターは出てこないんじゃないかな。それくらい強かった。

ネテロの百式観音がめちゃくちゃかっこいい。どうみても強いでしょ。

そのハンター協会の最強である会長ネテロが簡単に負けてしまった・・・・

会長ならやってくれると期待してただけに、ネテロの足がもげたときは「ヤバイヤバイヤバイ」と穏やかではなかった。

カイト vs ピトー

コレも衝撃すぎた読者は多かったことでしょう。カイトは初期からちょこちょこ登場するゴンの兄貴的ハンターでかなり強いはずなのよ。そのカイトがメルエムの部下であるピトーに一瞬で右腕をもがれてしまう。そのあとは特に戦闘シーンがなく、ゴンたちのやりとりを見ていたらその話の最後にいきなりコレですよ。

ええええええええええええええ!

キメラアント軍強すぎる・・・・部下でもこれだけ強いし、ネテロも負けちゃうし、どうやってコイツラ倒すのかドキドキしながら読んでいました。

広告

最後に

2018年9月から週刊少年ジャンプの連載を再開されている富樫先生ですが、頑張りすぎず体調を崩したらすぐに休載して頂いて、その間にストーリー展開を練りに練り、また読者を楽しませてください。

 

 

広告