39歳誕生日

広告

 39回目の誕生日

子供のときは20歳なんてすごく大人だと思っていたけど、自分がその歳になると全然大人じゃない。40歳の人はおじさんで何でも知っていて、立派なお父さんだと思っていたけど自分が40歳になっても自覚がない。知らないことの方が多いし、未熟者です。きっと60歳になっても、70歳になっても同じ感覚なのだろうと思います。

さてさて、39回目の誕生日は自宅で夕飯を嫁ちゃんと作ることにしました。高崎市の角上で「国産牛のミスジ部分」と「国産牛の肩ロース」を嫁ちゃんが購入してくれて、一緒に調理します。私はステーキ担当。

広告

牛ステーキの美味しい焼き方

youtubeのシェフから美味しいステーキの焼き方を学んでおきました。
冷蔵庫から出して常温に戻しておくことが大切らしいです。そうしないと外面が焦げるほど焼けているのに内面がレアになる原因になるのだとか。
そして、フォークなどでひたすらブスブスと刺します。写真の肉に小さな穴がたくさん空いているのが分かりますでしょうか。こうすることで肉のスジを切って、肉の中にも味が染みやすくなるらしい。

そして両面に岩塩、黒コショウをふりふり。

フライパンにバターを溶かして片面を強火で90秒焼きます。その後、弱火にしてフライパンに蓋をして90秒焼きます。そしたら肉を取り出して、アルミホイルに包んで2分放置。放置している間に肉の中までゆっくり熱が入ります。

フライパンに残っている肉汁でソースを作ります。赤ワイン、ミリン、醤油、塩を入れて、弱火で炒めながらフライパンの表面をこそげ落としながらソースを混ぜます。トロトロしてきたら完成です。

 

ミスジはとても美味しかったけど、肩ロースはスジが多くて噛み切るのが大変でした。肉質自体も硬めでしたね。あんなにフォークをブスブス刺したんですけどw

広告