満点★青空レストランで紹介 気仙沼のXO醤

広告

2018年6月23日に放送された満点★青空レストランで紹介されていたXO醤が美味しそうだったので紹介します。製造している石渡商店さんは以前にも青空レストランで紹介されていたお店です。番組内ではこのXO醤を使って、中華料理を作っていました。コレを使ってチャーハンとか作ってみたくて注文してみました。
満点★青空レストランで紹介された商品は注文が殺到して忘れた頃に自宅に届くのですが、今回は更に材料のホタテに貝毒が発生して出荷を自粛しているとのことです。発送が10月を過ぎてからになるとのことなので、到着まで随分と待つことになりそうです。

日テレポシュレでは少量準備してあるとのことですが、XP醤のほかにオイスターソースも抱き合わせで付いてくるようです。オイスターソースはいらないので、XO醤を単品で注文して気長に待つとします。

気仙沼旨味帆立とコラーゲンのXO醤

気仙沼産旨味ホタテの強烈な旨味と甘み、金華ハムの芳醇な香りと塩気、蝦子の旨味、フカのコラーゲンによる味のまとまり、野菜類の香りと深い味、最後に四川唐辛子の辛味が食欲を掻き立てます。

 

主な材料 

気仙沼産旨み干帆立

気仙沼市唐桑地区で採れた新鮮な活き帆立を丁寧に下ごしらえし、干し貝柱に仕立てます。ただ干すだけでは『干し貝柱』にはなりません。
塩分濃度を調節したお湯で数回湯で上げます。その後時間をかけてゆっくりと乾燥し上質な干貝柱が出来上がります。山や森からの養分が海に流れ込み三陸の海と混ざり合い帆立にとって最良な栄養素豊富な漁場で育ったグリコーゲンが多く甘みが強いのが三陸産帆立の特徴です。

金華ハム 

他の生ハムに比べて塩味もうま味も濃厚であるため、中華料理の味出しには欠かせない食材です。金華火腿(ヂンホアフオトェイ)とは、中国・浙江省の金華地区で生産されるハムの一種で日本では金華ハム(きんかハム)と呼ばれております。

フカコラーゲン

コラーゲンたっぷり気仙沼産ヨシキリサメのふかひれ縁側部を丁寧に加工し、乾燥後、爆炒(バオ・チャオ)熱油を使って、短時間に炒める調理法で加工したものを使用しております。

蝦子 

えびの卵を乾燥させた食材です。日本ではあまりなじみのない食材ですが、本場香港では『化学調味料』が無い時代から重宝されているまさに『旨み』の塊のような食材です。油でじっくり加熱することによりXO醤の香ばしい香りと旨みを最大限に引き出します。

広告

受賞歴 

 

 

広告