ONEPIECE

Pocket

ONEPIECE

読んだことがない人でもその名前を知らない人はいないであろう国民漫画のONEPIECEですが、私が読み始めたのがTVアニメで頂上戦争を放送してるくらいからなので随分遅いほうだと思います。頂上戦争とはルフィの兄のエースが海軍につかまり、公開処刑をされるところから始まります。エースの所属していた海賊団「白ひげ海賊団」+ルフィVS海軍との戦争のことです。自分のなかでは頂上戦争のくだりはドラゴンボールでいうフリーザ戦くらい興奮して読めると思います。

なぜこんなにも読み始めるのが遅かったというとただの海賊もののバトル漫画だと舐めていたためです。というのも、ONEPIECEが連載開始したのは1997年からであって、すでに私は高校を卒業したあたり。少年誌で王道のバトルもの漫画を卒業してきているところだったのですね。

あらすじ

主人公のモンキーDルフィは小さい頃から海賊に憧れていて、海賊王になることを夢みています。作品背景としては海賊は悪者で民から金品を奪って生計を立て、縄張り争いのために海賊同士で争います。海軍は正義で海賊を捕まえ、海賊に懸賞金をかけたりします。ルフィは海で一番自由な男が海賊王と考えていて、少年誌の主人公らしく金品を奪ったりはせず、悪い海賊たちを倒していきます。ルフィは幼少期に「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べて、全身ゴム人間の能力者となってしまいます。航海の先には新しい仲間たちとの出会い、様々な能力者たちとのバトルが繰り広げられます。

見どころ

単純に能力者バトルを楽しむ

「JOJOの奇妙な冒険」でのスタンドが悪魔の実による能力にあたり、単純にバトル漫画として子供に人気があります。

感動できるエピソードが多い

「スラムダンク」の流川と桜木がハイタッチするシーンで泣いたことがありますが、漫画で泣くってあまり経験ないですよね?ONEPIECEは一番泣いた回数が多いかもしれません。麦わらの一味が新しく入ってくるときは毎回、感動できるエピソードがありますので必見です。

引用:単行本16巻より

ゾロとサンジがカッコよすぎる(以下ネタバレ注意)

子供にはまだどの部分がカッコいいのか分からないことも多いところなのですが、大人になってくるとゾロとサンジに痺れてくるんですね。好きなキャラはゾロ、サンジ、エースです。他の人にはピンとこないところもあるかもしれませんが、私なりの名シーンを紹介していきます。

 今、ルフィたちが乗っている船「サウザンドサニー号」は2隻めでして、1隻めは「メリー号」というウソップが仲間になったときに一緒に手に入れた船でした。35巻あたりで「メリー号」は壊れ始めてしまい、ルフィ一行は修理を試みます。しかし船大工から船の土台である竜骨がダメになっているから、諦めて新しい船を買うように言われます。ルフィは納得ができず「信じられるか!お前らあの船がどんだけ頑丈か知らねえからそう言うんだ!」と叫ぶと、船大工に「沈むまで乗りゃあ満足か・・・呆れたもんだ。てめェそれでも一船の船長か」と言われてしまいます。仲間の命も考えられないのかということですね。

ルフィにとっても思い出のある大事な船なのですが、仲間の命を優先して船を買い替えることを決心します。そして、そのことをルフィがウソップに伝えるとメリー号に特別な思い入れがあるウソップは大反対して大ゲンカになります。

ルフィ「船は乗り換える!メリー号とはここで別れるんだ!」
ウソップ「フザけんな!そんな事は許さねえ!!」
サンジ「おいお前ら大概にしろ!そんなに熱くなってちゃ話にならねえだろ!」

このケンカの最中、ゾロはひたすら見守り「・・・・・」が続きます。この船長の立て方は子供にはまだ早いですよね。
更にケンカはヒートアップしていきます。

ルフィ「お前だけが辛いなんて思うなよ!全員気持ちは同じなんだ!」
ウソップ「だったら乗り換えるなんて答えが」
ルフィ「じゃあいいさ!そんなにおれのやり方が気に入らねェんなら、今すぐこの船から・・・」
と言った次の瞬間

バカ野郎があ!!とルフィはサンジに蹴飛ばされてしまいます。
サンジ「ルフィてめェ今なんて言おうとしたんだ!!頭冷やせ!!滅多な事口にするもんじゃねェぞ!!」
ここのサンジは特に痺れましたね。サンジの一番痺れたシーンかもしれません。

このあとウソップは一味を辞めると仲間たちに伝え、ルフィに決闘を申し込みます。ウソップは弱いのでルフィに一瞬で負けてしまいます。
ルフィ「メリー号はお前の好きにしろよ。新しい船を手に入れて・・・この先の海へおれ達は進む!」とウソップに伝えて心苦しみながら仲間たちのもとに戻るルフィ。
ルフィ「・・・重い!!」
それを聞いたゾロがルフィに言います。

ゾロ「それが船長だろ!!迷うな。お前がフラフラしてやがったら、おれ達は誰を信じりゃいいんだよ!」
いやいや、ゾロかっこよすぎるでしょ。ケンカの最中は緘黙して見守り、ここぞというところでチームを引き締める。

そのあとにいろいろとあった後に、新しい船サウザンドサニー号が手に入り、ウソップは仲間たちを忘れることができず、一味に戻りたい気持ちが強くなってきます。
ウソップ「おうチョッパー今日はいい天気だ。釣りでもしようぜ!おいルフィおめーもどうだ?」と何事もなかったようにすんなり溶け込む練習を海岸で一人でしています。決闘まで申し込んで一味を抜けたので、また自分から一味に入れて欲しいとはプライドが邪魔をして言えないようです。その情報をルフィたちが知ると
ルフィ「なんだ!そうなのか!!じゃ今すぐ迎えに行こう!!」
チョッパー「おー!!」
ナミ「素直じゃないわねホント」
ルフィたちはウソップを迎えに行こうとします。すると漢気MAXのゾロは
ゾロ「待てお前ら!!誰一人こっちから迎えに行く事はおれが許さん!!間違ってもお前が下手に出るんじゃねェルフィ。あいつから頭を下げて来るまで認めねえぞ!」「いざって時にコイツを立てられねえ様な奴は一味にゃいねェ方がいい!船長が威厳を失った一味は必ず崩壊する!」「普段おちゃらけてるのは勝手だが、仮にもこのおれの上に立つ男がだらしねえマネしやがったら今度はおれがこの一味を抜けてやるぞ!!」「こんな事を気まぐれでやる様な男をおれ達がこの先信頼できるハズもねえ!」「ウソップの第一声が深い謝罪であればよし・・・それ以外ならもう奴に帰る場所はない」

引用:単行本35巻、45巻より

どうですか?大人の皆さんにはゾロのカッコよさが分かってきましたよね?まだまだたくさんカッコイイエピソード、感動エピソードがあるのですが、あとひとつ紹介しておきましょう。

海軍へ協力する代わりにある程度の悪事は見逃しますよ~という特権を与えられた海賊のことを七武海と呼ばれています。もちろんその七武海はめっちゃ強いのですが、やっとのことで七武海の一人「ゲッコー・モリア」をルフィたちは倒します。倒した直後、ヘロヘロのところに他の七武海が一人「バーソロミュー・くま」が海軍の指示によりルフィを殺しにきます。ゲッコー・モリアとの死闘で疲れたルフィは熟睡していて、仲間たちがくまに挑むも手に負えません。くまはルフィ一人だけ殺せば、他の奴らは殺さないと交渉してきます。そこに奴が出ていきます。

ゾロ「わかった・・首はやるよ。ただし身代わりの・・・このおれの命一つで勘弁してもらいてェ・・!!まだ大して名のある首とは言えねえが!やがて世界一の剣豪になる男の首と思えば取って不足はねェはずだ!!」
感銘を受けたバーソロミュー・くまは自分の能力でルフィに蓄積した痛みと疲労をルフィから取り出します。
くま「身代わりになるというならお前がこの苦痛を受けろ」
いくらか時間が経過したところでルフィは元気に飛び上がります。サンジがゾロを探しに行ってみると、そこには血だらけになったゾロが立っていました。

サンジ「何だ!!この血の量は・・・!!オイおめェ生きてんのか?アイツはどこだ!!ここで何があった!?」
ゾロ「・・・なにも!!なかった・・・!!」

自分が傷ついたことでルフィが助かったこと、元気になったことを知られたくなくて、サンジに何もなかったと答えたんです。ゾロさん、あなたの漢気どうなってるんですか?

引用:単行本50巻より

ONEPIECE 単行本

最後に

いかがだったでしょうか。ONEPIECEが単なるバトル漫画ではなくて、子供から大人まで幅広い層に支持される理由が分かったかと思います。それでは最後にゾロ先生の名言で締めくくりたいと思います。

引用:単行本6巻より

ゾロ「背中の傷は剣士の恥だ」
相手は七武海の一人「鷹の目のミホーク」。ミホークは今のルフィですら勝てないと思われるくらい強いので当時のゾロなんて足元にも及びません。敗北を認めたゾロがミホークに正面を晒して、言い放った言葉です。背中の傷は逃げ傷になるので正面から斬ってくれということです。

 

 

ONEPIECE” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。