鶏白湯ラーメン なかじゅう亭

広告

近所の担々麵を食べに行きましたら、外まで並んでいる状態でベビーカーも入れる状況じゃなかったため、高崎西口OPA7階にある「なかじゅう亭」に行ってみることになりました。同じ7階にある「100時間カレー」には5回は行きましたが、その隣に「なかじゅう亭」というラーメン屋が入っていて気になったていたんです。OPA内には7階、8階がレストラン階になっていて、たくさんの飲食店が入っています。「なかじゅう亭」にはお客さんがいることが多いので、気にしてたんです。

一番人気は鶏白湯味玉ラーメンのようです。鶏白湯が食べれるというと群馬県では「とりの助」が有名ですかね。「とりの助」は伊勢崎連取店と高崎インター店があります。

実食

まずは一番人気の「鶏白湯ラーメン 味玉」を注文しました。醤油味と塩味がありますが、鶏白湯は塩のほうが好きなので、塩味注文です。味は鶏からとったダシが良く効いていて、偽りのない鶏白湯スープです。臭みは一切感じず、鶏の旨みのみです。「とりの助」と比較するとあっさりしていて、塩分も薄めです。そのためスープを抵抗なく飲めていけます。「とりの助」はもう少しドロっとしていて、しょっぱめな感じです。しょっぱめ、濃厚スープが好きな人は「とりの助」のほうが合っていますが、私は「なかじゅう亭」のほうが好きかな。

焼き餃子がメニューになくて、水餃子を注文しました。水餃子のほうは可もなく、不可もなく極普通です。ラーメンは麺を無料で普通or1.5玉を選べるので、空腹のときは餃子ではなくラーメン1.5玉を注文するといいかもしれません。

広告

評価

鶏白湯ラーメン好きも満足する味だと思います。濃いめ好きなら「とりの助」、もう少し薄味好きなら「なかじゅう亭」といった感じです。「なかじゅう亭」も十分に濃厚な鶏白湯なので、私にはぴったりです。店舗内も広めなのでベビーカーのある家族でも、食べれるラーメン屋というのは貴重です。

ひとつ問題があるとすれば隣に「100時間カレー」が入っているので、10回OPAに行くとしたら7回以上は「100時間カレー」に行きたくなってしまうことくらいです。

広告

鶏白湯ラーメン なかじゅう亭” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。