初節句 鎧兜選び こうげつ

広告
広告

初節句

長男が今のところ病気もケガもせずに順調に大きくなってくれていて、ありがたい限りです。「こうげつ」からチラシが来ていて、目を通していたらカッコイイ兜があるので、「こうげつ」に行ってきました。

高崎駅の東口の目の前に位置していて、駐車場は7台ほど確保されています。店内はさほど広くありませんが、ベビーカーが通れるスペースは十分にありますし、エレベーターも入っております。

チラシを見て欲しかった兜は伊達政宗モデルの着用できる兜98000円だったのですが、すでに売り切れてしまって在庫がないということでした。残念な気持ちになりましたが、残っている商品を見ていくことに。

 

欲しかった商品とは違うのですが、この二つも着用できる伊達政宗デザインの兜とのことです。他にも武田信玄、織田信長、上杉謙信など様々な戦国武将モデルのデザイン兜が置いてあります。兜の下にはあるのは収納箱で、飾るときは収納箱から取り出して、箱の上に飾ることができるようです。背部の屏風も付属で付いてきます。今の時期はセールスをしていて、全商品が30%程度OFFになっていてお得に購入できます。どちらも15万円前後の値段となっていて、悩んでいるとその隣に一回り小さめの兜が並んでいます。それらの兜は小さいくせに値段は着用兜と同じくらいなんですね。理由を店員に聞いてみると着用兜は軽さを重視していて、材質はアルミでできています。飾り用兜は真鍮でできていて、鹿の皮、絹などの素材にこだわり、職人が手作業で完成させているとのことでした。実際に手にとって、近くで観察すると着用兜はとても軽く、携帯電話より軽いくらいです。光沢や細部の作りはアルミだけあり、おもちゃ感を感じてしまいます。飾り用兜は着用できないものの、ずっしりと重く、細部までキレイに完成されていて高級感が感じられます。

最初は子供が遊べるように着用兜を購入しようと思ってましたが、実際に手にとってみると「コレで15万円もするのか・・・」という割高感を感じてしまい、飾り用兜に急遽変更です。

ということで、こちらの飾り用「伊達政宗デザインの兜」に決定です。刀と弓、収納箱、屏風が付いてきます。収納箱には金メッキで装飾も施されていて、何とも豪華です。こちらは私の母が購入してプレゼントしてくれました。

 

名前旗は嫁ちゃんの母がプレゼントしてくれるというので、こちらも選んでいきます。

大きさ、デザインがいろいろあるので、購入する兜とのバランスを考えて、こんな感じになりました。

購入を予定していた着用兜がなかったことが好転して、満足した買い物をすることができましたとさ。

 

広告