快眠枕まとめ 選び方と比較(Blue Blood、オーダーメイドマイまくら、お医者さんの快夢まくら、六角脳枕、YOKONE2)

Pocket

自分に合った枕を使ってますか?

今までは大丈夫だったのにいびきがひどくなってきた、寝起きの頭痛、首の痛み、肩こりを感じるようになった人は枕が原因の可能性があります。また睡眠の質が低下すると脳内のゴミであるアミロイドβという蛋白が蓄積し、アルツハイマー病の原因になるため、質の悪い睡眠の人は良質な睡眠をとっている人の5倍アルツハイマー病になりやすいというデータがあります。

一番自分に合っていた枕を使っていても、中身が綿なら2~3年、ビーズ系なら3~5年で劣化して枕の性能が悪くなり買い替える必要性が出てきます。加齢に伴って頸椎(首の骨)の生理的な湾曲具合も変化しますので、一番合っている枕を見つけていたとしても一生のうちに何回かは自分の体合う枕を再度探す必要があります。

どういう枕がいいの?

一番大切なのは素材、形状よりも自分に合った枕の高さです。枕の高さが高すぎると首と肩の筋肉が緊張して緊張性頭痛の原因となったり、喉を圧迫して呼吸もしにくくなるのでイビキが大きくなり、起きたときに首、肩の痛みを感じます。枕の高さが低すぎると起立して上を向いているような状態になって、後頭部、肩周囲に痛みを感じるようになり、頭が下がるので顔がむくんだりします。理想的な枕の高さというのは仰臥位(上向きで寝る)のときに起立時と同じような自然な頸椎の生理的湾曲をとれる高さになります。枕に仰臥位で横になると肩口から頭が10度~15度の傾斜になるような枕が最適ということになります。また寝返りして横向きになったときに、頸椎がまっすぐ床に平行になるというのも重要です。そうでないと寝返りしにくいし、またしても首、肩の負担になってしまいます。

高さのつぎに大切なのは柔らかさです。低反発、高反発などいろいろありますが、一般的には柔らかすぎず、硬すぎずが良いとされてます。柔らかすぎると頭が沈みすぎて首、肩の負担がかかるし、硬すぎると枕の当たっている部分が痛くなってきます。

枕の選び方はかったけど、どこで買えばいいの?

百貨店の寝具コーナーや寝具店で実際に横になって試せるようであれば、枕を使用してみて同伴者に横から写真を撮影してもらって頸椎の湾曲具合を見ながら、上記条件に当てはまる枕を探していけば良いでしょう。「それはちょっと難しいっ」「快眠枕で商品検索するとたくさん商品が出てくるし、結局どれがいいの?ランキンング1位のやつを買えばいいのかしら?」という人は通販で手に入る有名どころの快眠枕をまとめますので、参考にしてみてください。快眠枕の相場は1~2万円、オーダーメイド枕(その人の立位での頸椎の湾曲を測定して、専用枕を作ってくれる)の相場は2万円以上ですが、人生の1/3時間を使用するものだし、健康状態に関係するので快眠できるのであれば数万円は止むを得ないかと思います。

Blue Blood

自分に合った枕を使ってますか?

今までは大丈夫だったのにいびきがひどくなってきた、寝起きの頭痛、首の痛み、肩こりを感じるようになった人は枕が原因の可能性があります。一番自分に合っていた枕でも、中身が綿なら2~3年、ビーズ系なら3~5年で劣化して枕の性能が悪くなり買い替える必要性が出てきます。加齢に伴って頸椎(首の骨)の生理的な湾曲具合も変化しますので、一番合っている枕を見つけていたとしても一生のうちに何回かは自分の体合う枕を再度探す必要があります。

どういう枕がいいの?

一番大切なのは素材、形状よりも自分に合った枕の高さです。枕の高さが高すぎると首と肩の筋肉が緊張して緊張性頭痛の原因となったり、喉を圧迫して呼吸もしにくくなるのでイビキが大きくなり、起きたときに首、肩の痛みを感じます。枕の高さが低すぎると起立して上を向いているような状態になって、後頭部、肩周囲に痛みを感じるようになり、頭が下がるので顔がむくんだりします。理想的な枕の高さというのは仰臥位(上向きで寝る)のときに起立時と同じような自然な頸椎の生理的湾曲をとれる高さになります。枕に仰臥位で横になると肩口から頭が10℃~15℃の傾斜になるような枕が最適ということになります。また寝返りして横向きになったときに、頸椎がまっすぐ床に平行になるというのも重要です。そうでないと寝返りしにくいし、またしても首、肩の負担になってしまいます。

高さのつぎに大切なのは柔らかさです。低反発、高反発などいろいろありますが、一般的には柔らかすぎず、硬すぎずが良いとされてます。柔らかすぎると頭が沈みすぎて首、肩の負担がかかるし、硬すぎると枕の当たっている部分が痛くなってきます。

枕の選び方はかったけど、どこで買えばいいの?

百貨店の寝具コーナーや寝具店で実際に横になって試せるようであれば、枕を使用してみて同伴者に横から写真を撮影してもらって頸椎の湾曲具合を見ながら、上記条件に当てはまる枕を探していけば良いでしょう。それはちょっと難しいって人は通販で手に入る有名どころの枕を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

 

 

快眠枕で商品検索するとたくさん商品が出てくるし、結局どれがいいの?ランキンング1位のやつを買えばいいのかしら?とお悩みの方のために有名どころの快眠枕をまとめてみましたので参考にしてみてください。

オーダーメイド マイまくら


↑公式HPはこちらから↑

累計販売数20万個の実績があるオーダーメイド枕です。オーダーメイドだけあって値段は高いですが、上記HPからギフト券を購入して、全国に30店以上あるmy makura店舗にギフト券を持っていくと自分の体に合わせて、枕の高さと枕の内容物(綿と各種ビーズ)を調整しますので、自分の体に合わない枕が届くということはありません。この枕の売りは「一度購入すると生涯メンテンスは無料」「洗濯は丸洗いOKなので清潔」です。枕の内容物の寿命、加齢に伴う体型の変化の際にメンテナンスをいつでも無料行ってくれます。

お医者さんの快夢まくら

↑公式HPはこちらから↑

スポーツ選手の相談役として有名な先生が監修した枕で、仰向け、横向きどちらで寝ても理想的な高さにするために、弾力性のある低反発ウレタンと柔らかなポリエステル綿の2層構造で作られています。スムーズな寝返りをサポートするためにそら豆型の形状をしています。

六角脳枕


↑公式HPはこちらから↑

多くのメディアで取り上げられましたので、ご存じの方が多いと思います。米国睡眠医学会の睡眠認定検査技師認定枕ということで、ヤホーでおなじみのナイツが絶賛した枕です。特徴としては寝返りをしたときに心地よくなるように枕の表面をデコボコにしていて、独自開発したウレタン素材である「低反発マイクロウェーブ素材」を採用し、通気性・肌ざわりが良く温度変化しにくい素材なので、冬場も枕が硬くならないようになっています。

横向き寝専用まくら YOKONE2


↑公式HPはこちらから↑

睡眠改善インストラクターの資格を持つ竹田浩一氏が代表取締役をつとめるムーンムーン株式会社が販売している横向き寝専用まくらです。仰臥位(上向き)で寝ると舌根が重力によって落ち込みやすく、気道の狭窄からいびきが出やすく、睡眠の質低下につながります。側臥位(横向き)で寝ることで、舌根の落ち込みを軽減して呼吸を楽にすることで良質な睡眠を得ることができます。ニューヨーク州立大学ストニーブルック校の研究によると横向きで寝ると良質な睡眠が得られて脳のゴミであるアミロイドβが代謝・排泄されやすいというのです。そこに着目して開発されたのがこの「YOKONE」です。「上向きでないと入眠できない」「うつ伏せじゃないと入眠できない」入眠するときの体位は人それぞれありますよね?入眠するときはいつも横向きという人にオススメの枕です。

まとめ

  • 加齢に伴って頸椎(首の骨)の生理的な湾曲具合が変化するので自分に一番合っている枕も変化していく。
  • 枕選びに一番大切なのは素材、形状よりも自分に合った枕の高さ。理想的な枕の高さというのは仰臥位(上向きで寝る)のときに起立時と同じような自然な頸椎の生理的湾曲をとれる高さのこと。横向きになったときに、頸椎がまっすぐ床に平行になるというのも重要。
  • 高さのつぎに大切なのは柔らかさ。低反発、高反発などいろいろあるが、一般的には柔らかすぎず、硬すぎずが良い。