新婚旅行 ディズニークルーズライン 6日目 2016.05.22-05.30

Pocket

新婚旅行 ディズニークルーズライン

 

6日目 ディズニークルーズ 下船

タオルの猿

朝にポート・カナベラルに入港して、朝食後すぐに下船することに。短い船旅でしたがめちゃくちゃ楽しくていい思い出ができました。部屋にはコンシェルジュのコルクが作ったタオルの猿がぶらさがっていました。コイツが一番びっくりした。子供といつか一緒にディズニークルーズに来ようと妻と話しながら、そのときもまだコルクいてくれるかなーと別れを惜しみつつ、コルクへのお礼の手紙を部屋に残し下船するのでした。

しかしまだまだ旅は続きます。これから初めてのフロリダ・ディズニーワールドに行かなくてはならないのです。夢の国ディズニーで残された時間は今日を含めてあと2日!最後まで楽しんでくるぞ!

下船したあとはみんないろんな方面に散っていきます。私たちはアート・オブ・アニメーションというホテルに宿泊予定だったので、そのホテル行きのバスに乗り込みました。

 

デイズニーホテル アニメーションホテルへ

ホテル内

アニメーションホテルは棟がいくつも建っていて、棟によってモチーフとなっているアニメが異なっています。私たちが止まった建物はリトル・マーメイドで統一されていて、建物の壁には大きなアースラが迫力満点に飛び出していました。部屋のなかはかわいい貝殻型のベッドとかかわいい海の中風のお風呂になっています。他にもカーズ、ファインディングニモ、ライオンキングがあって、敷地内にはライオンキングの像の墓場を再現した場所や、楽しそうなシンバとティモンたちがハクナマタタをしています。

マジックバンドでFP+(ファストパスプラス)

ファストパスプラス 荷物を部屋に置いたあとは疲れている体にムチを打って、ディズニーワールドに繰り出します。各ディズニーホテルにはディズニーワールド行きのシャトルバスが10~15分間隔くらいで定期的に動いてます。アニマルキングダム、マジックキングダム、エプコット、ハリウッドスタジオまでバスで移動でき、各パーク間もバスでいつでも自由に移動できます。帰りのときも各パークから各ディズニーホテルまでシャトルバスが運行しているので迷うことなく帰ってこれます。左の写真の腕についているのはマジックバンドといってFP+(ファストパスプラス)の役目を果たしてくれます。日本のファストパスの進化版みたいな感じです。日本と違うのは来園する前にアトラクションのファストパスがとれることができ、1日あたり、3アトラクションまでファストパス予約をすることができます。出発前に1日目はマジックキングダムで3アトラクションを予約。2日目はアニマルキングダムのアトレクションを3つ予約しました。マジックバンドの色も選択することができ、来園する前にインターネットで色を選択して、アトラクションの予約をすることになります。何も選択しないとグレーのバンドが届きます。ちなみにツアー参加者はホテル到着時にツアーの現地係員が参加者たちに配ってくれました。



フロリダ・デイズニーワールド・マジックキングダムへ

ミッキー マジックキングダムは東京ディズニーランドとアトラクションが同じものが多く、東京ディズニーランドに来た感覚になってしまいました。ちょっとびっくりしたのはタウンスクエア・シアターというところではミッキーと会話ができたのです!日本から来たことを伝えると「日本語少し知ってるよ」「スーバーラシー」とミッキーの声で話してくれました。目が動くようになっているので、いつものミッキーの表情と少し違う印象は受けましたが。

 

花火

 

 

パレードのあとにシンデレラ城で花火が上がりそのあとにワンス・アポン・ア・タイムが始まります。5月ですが日没が遅く、20時になってもまだまだ明るいのでワンス・アポン・ア・タイムが始まるのが22時過ぎだったんです。まだ船旅の疲れも残っているので、倒れそうになりながらホテルに戻るのでした。